出会い系で出会った人妻と奇跡の生中出し

出会い系サイトで人妻を漁っていた

私は30代の男ですが、性癖として人妻好きということもあり普段から出会い系サイトを利用して人妻を漁っていました。
ただ思うようにいかないことの方が多く、実際に出会うまで漕ぎ着けるには労力が必要でした。
それでも手当たり次第に人妻に対してメッセージを送っていた所、ある人妻女性から返信が来たのです。

異様に積極的な人妻に興味をそそられる

その人妻は30代前半ということもあり私自身と同年代ということでしたが、私自身も人妻の好みとしては30代前半が最も良いと感じていました。
通常、出会い系サイトのメッセージのやり取りは「趣味なんですか」とか「こんにちは」とかいう他愛もないメッセージからスタートします。
ただその人妻は異様に積極的であり「正直欲求不満が溜まっています」「食事なら気軽に行ってもいいですよ」という文言が並んでいました。
私は当初「美人局か?」と警戒をしましたが、メッセージのやり取りを通じてどうやら本当に普通の人妻らしいということが分かってきました。
そこでこのような欲求不満の人妻とは一体どのような人物なのだろうかと実際に出会うことにし、待ち合わせの約束を取り付けました。

食事よりもセックス目当ての人妻

実際に待ち合わせをして会ってみると、そこには清楚な感じの大人しめ女性が立っており「B美です」と挨拶をしてくれました。
私は出会い系サイトの積極性と目の前にいる清楚な女性を眺めながら、まるで別人みたいだと感じていました。
私は「軽く食事でもしますか」と声を掛けてみるとB美は浮かない返事をしており、気になった私は「買い物にする?」と聞きました。
するとB美は「そのために来たんじゃないでしょ?セックスでしょ?」という衝撃の発言をしました。
目の前の清楚な人妻から思わぬ返事を受けた私は面食らいながらも、ラブホテルへと直行することになりました。

ゴム無しどころか生中出しを要求する人妻

ラブホテルへと到着するとB美はいきなりディープキスをせがみ、私は流れのまま応じることにしました。
B美は「んふぅぅ」というエロい吐息をしながら、自分の服を脱いたかと思うと私の服も脱がせにかかりました。
そして私のパンツを引き下ろすといきなり、濃厚なバキュームフェラを開始したのです。
「グチュグチュ」というB美の唾液と私の我慢汁が絡み合う音が部屋の中に響き渡り、私は限界に達してしまうところでした。
我慢できないと思い、ゴムを取り出して本番へといこうかと思っていた所、B美は「ゴムはいらないよ、安全日だから」と言いました。
我慢できなかった言われるがまま私はそのままB美の中へと挿入しましたが、挿入の瞬間B美は「ああっーーーー」という雄たけびのような声を出しました。
正常位でピストンを繰り返すごとにB美は「イイっ、イイっ」と叫びながら喘ぎ声を出していました。
B美の中は想像以上に気持ちが良く、私は早くも限界を迎えようとしており「B美イキそうだ」と告げました。
そうするとB美は「中で出してぇ、気持ちいいからぁ」と哀願するように言いましたが、私は戸惑いました。
しかしB美は私に抱き着きながら脚を私の腰を巻き付く様にホールドし、確実に中出しをさせる体制へと誘いました。
もうどうなってもいいと思った私は「イクゾぉ」という叫び声をあげると、B美の中へと射精してしまいました。
B美の中でドクドクと流しこんでいる間、B美は「ああっ、やっぱり中出し気持ちいいよぉ」とエクスタシーに浸っていました。
性行為が終わった後、一段託した所でB美に「中出ししたけど大丈夫なの」と聞くと、「大丈夫だよ、念のためピルも飲むし」と言いました。
そしてラブホテルを出てB美と解散した後も中出しセックスの興奮は覚めやりませんでしたが、同時に妊娠させていたらどうしようという恐怖も湧いてきました。
生中出しは興奮もしますし気持ちいいですが、危険でもあるなとしみじみ感じました。

まとめ

出会い系サイトで出会った人妻と生中出しセックスした体験でしたが、このような経験は本当に貴重だと思います。
どうやら男性も女性も本能的に生中出しが好きだし興奮するようになっているので、一度経験してみるのも勉強だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました