ドSな保育士さんに中出しさせて貰いました

出会い系サイトには様々な職業の女性が居ます。
私がお勧めする職業はズバリ保育士さん。
職場に男性が少ないので男に飢えています。
気が強い女性が多いのでMな人にはお勧めです。
今回は、ドSな保育士さんとたっぷり生ハメを楽しんできました。

サイト内で検索

掲示板のコメントをチェックしながらヤリモクで登録している女性を見つけます。
ストレートな表現の女性は怪しいのでパスしながら探していくと1人居ました。
「男性との出会いが無いので登録してみました」
プロフをチェックすると手慣れた文章で書かれています。
こういうタイプの女性は過去の経験から出会い系サイト常習者です。
名前は美優さん。
23歳で保育士さんです。
AV女優の三上悠亜そっくりで驚きました。
「私も出会いが無く登録しました」
「まずはお食事にでも如何ですか?」
すぐにコメント付きでいいねを送ります。
見事マッチング出来ました。
「よろしくお願いします」
コメントの後にラインの連絡先が。
思ったより積極的で好感触です。
毎日のようにラインで仕事の愚痴を聞きながら元気付けてあげました。
ある日、妙に元気が良いので聞いてみると責任者に抜擢されたそうです。
「おめでとう お祝いしないとね!」
「お願いします!」
自然な流れで近所の居酒屋でデートすることになりました。

当日のデートの様子

駅前の大衆居酒屋で待ち合わせです。
私が着くとすでに美優さんが立っていました。
プロフ写真より断然可愛いですね。
色白でスタイル抜群。
正直、ここまでのクオリティは想像していませんでした。
挨拶を交わして店内に入りお祝いの乾杯です。
「おめでとう」
「乾杯~」
素晴らしい飲みっぷりです。
毎日、子供の世話に追われながらの苦労が実ったと大喜びです。
「こんな時に祝ってもらえる男性が居てくれて嬉しいです」
「なんだかあたし達、恋人同士みたいですね」
ボディタッチが多くて距離が近い女性です。
お酒が好きなようで男性顔負けの飲みっぷりです。
酔いが回ると段々と本性が現れてきました。
この方、超ドSです。
「男のくせに何恥ずかしがってるの??」
「おっぱいばっかりみてるじゃん」
小悪魔的な性格です。
「この後どうするの?」
「あたし覚悟してきたんだけど」
「ホテルいくでしょ?」
すっと立ち上がって腕を引かれてお会計へ。
お店を出ると同時に人前で抱き着いてきてDキス。
何かの拍子にエロモードのスイッチが入ったようです。
手を繋いでラブラブモードでホテルへ向かいます。

ホテルでのHの様子

部屋についてソファーに荷物を置きました。
「シャワー浴びましょう」
脱衣所で服を脱がせると程よい大きさのCカップです。
あそこの毛が薄くて天然パイパン状態。
興奮してフル勃起になりました。
「もうこんなに立ってるじゃん」
手で息子を掴んで手コキし始めました。
「彼女いないんでしょう?」
「いつもは一人でしているの?」
「してもらう方が気持ちが良いでしょ?」
「おっぱい触ってもいいよ」
完全に主導権を握られています。
「ここも触って良いよ」
「腕を掴んであそこに持っていかれました」
指を入れるとびっしょり濡れています。
「やぁっ、そうよ、ゆっくりね」
「やだ。待って。やだ。奥まで入ってる」
しゃがみ込んでクリを舐めてみました。
「もう、そこはダメ」
「ちょ、敏感なんだよ」
「す、すごいよ」
舐めるほどにジュワジュワお汁が溢れ出てきます。
「あたしも舐めて良い?」
洗面台に腰かけると口一杯に息子を頬張りフェラし始めました。
「こんなに大きいの初めて」
「エッチな匂いがするね」
「この匂い大好き」
激しく顔を前後させるフェラは高刺激で気持ちが良いです。
たまに甘噛みするSっ気もたまりません。
「どんどん硬くなるね」
「どんな感触か試したみたくなっちゃった」
洗面台に手を突いてお尻を突き出してきます。
「ねぇどこに入れたいか言ってみて」
「ほら、早く言いなさいよ」
「洗っていない汚いのをどこに入れたいの?」
Mの私にはこの言葉責めがたまりません。
「美味しそうな美優さんのあそこに入れたいです!」
「仕方が無いわね」
「今日は特別に生で良いわよ」
手で息子を掴んで自分であそこに押し当てました。
ヌルヌルのあそこは簡単にむすこを飲み込みます。
「あん、っ……、やっ、まって、やだぁ……っ」
「そこ、やだ、やだ、あっ」
「硬いの入ってる」
鏡に映る乱れた姿がエロ過ぎます。
腰を掴んで思い切り中を突きまわします。
太ももまでお汁が垂れてきました。
「すごいよ」
「ほら、すごいの」
手で玉袋を揉み始めました。
「ここも気持ちが良いのでしょ?」
「ほら、しっかり奥まで突いて」
「せっかく生でしてるのだからもっと激しくしてよ」
「鏡見てよ」
「おっぱいこんなに揺れてるよ」
この眺めたまりません。
キュンキュンに締め付けるあそこのせいで我慢できなくなってきました。
「あたしが良いって言うまで我慢したら中に出していいよ」
「やっ、らぁあっ…」
「あっ、入ってる、中すごい、んぁあああ」
「ァッ……ぁっ……」
「硬いの、硬いの凄いよ」
「イクよ、もうイク、中に頂戴」
「イク、イクイク、イクよ!!!」
「ああああ!!!!」
大きな声と共に気持ち良くイキ果てました。
私も言葉に甘えて思い切り中出しさせて貰えました。
「ほら、汚いザーメンこんなに出てる」
「良く見て?」
「沢山出てきたよ」
あそこを指で開いて見せつけてきます。
男に飢えた女性って本当にエロいですね。
最高の時間が過ごせました。

まとめ

今回で会った保育士さんは言葉責めが素晴らしかったです。
普段は子供に優しい言葉を掛けている反動ですね。
予想通り気が強く、積極的なプレイが楽しめました。
生ハメ、中出しまで楽しめて大満足です。
男に飢えた女性は簡単にヤラせてもらえるので狙い目ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました